歯科医師は治療だけではない!口のケア方法も指導します。

患者や看護師とのコミュニケーションも大切です。

歯科医師は歯の痛みを訴える患者の治療に取り組みます。虫歯になった場合に歯を治療して虫歯を全て治すことが大切な仕事内容になります。虫歯によって歯が痛いだけではなくて、虫歯によって歯に違和感がある場合にも治療をしますが、修復が不可能な場合には人口の歯を作る場合もあります。しかし、一人で治療をするのではなくて、看護師へ指示を出して治療をするために他の看護師達との信頼関係が必要です。患者にも声を掛けながら患者を安心させて治療をする必要もあります。

歯科医は治療をするだけが仕事じゃない

歯科医の仕事内容は患者の治療を行うだけではなくて、日頃からの口のケアの方法を指導することも大切な仕事です。日頃から口のケアをすることによって、虫歯を予めに予防することができるために正しい歯磨きの方法も指導しています。患者が理解できるように専門用語を極力使わずに丁寧に説明するために、様々な知識が必要です。患者へ指導することもあるために年配の患者が理解できない場合には理解できるように考えて説明をすることも大切な仕事でしょう。

歯科医師は小学校でも指導をします。

歯科医は小学校や中学校などへ出向き、歯周病を予めに防ぐために日頃からの口のケアを説明する場合があります。小学生でも分かりやすく説明する説明力が求められますが、非常に高い知識が必要です。小学校には1年生などの小さい子どももいるために子どもでも理解ができるようにモデルを使用して説明をします。大勢の生徒の前で説明するために大勢の人の前で話すことができる度胸も必要ですが、理解できない子ども達には個別に指導する場合もあります。

夜間や日祝日も診察している歯医者が増えています。歯科医師の求人は、交代でできる方を求められています。