今、保育士を取り巻く環境が激変中!なぜ!?

都市部に集まる子ども

待機児童問題が都市部を中心に活発化しています。日本の景気悪化で地方にはあまり仕事がなく、都市部に集まらざるを得ない状況です。しかし、それに合わせて保育園を次々と用意する訳にもいかないので待機児童が発生します。児童を集める場所も不足していますし、保育士も不足しています。児童が分散されず待機する状態なので激務となっており、離職率が高くなっています。資格が必要なので離職率が高いからと言って未経験の方を雇用していきなり働かせることもできないです。

見直される保育士の待遇

都市部における保育事情の混乱に、ついに国が動きます。保育士の給料の引き上げが検討されたのです。現在の保育士の仕事は、激務の割に給与面が伴っておらず、大きな問題となっています。しかし給与面が改善されれば保育士を目指す方も増えますし離職率も落ち着いてきます。保育士の役割は親がいない間の子守だけではなく、集団行動を通じて社会性などを教えることも含まれます。子どもの成長に必要不可欠な職業であるという認識は高まっています。

地方の待機児童はほぼ無し

都市部は待機児童が多いものの、地方は待機児童問題に悩まされていません。なぜなら日本は少子高齢化が進んでおり、子どもの数は減少傾向にあるからです。都市部に極端に子どもが集まっているのは異常な状態とも言えます。なので地方で保育士を目指す方は、働き場所を限定させることなく都市部に出ることも考えなければいけません。むしろ都市部は保育士不足で混乱状態とも言えるので、働き場所を探すのであれば最適です。保育士は今、求められています。

保育士の求人は保育所で働く保育士の仕事の募集の事です。共働き家庭が増えたことで求人が増えています。給与が低いこともあり慢性的な人手不足も起きています。